読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPGA開発日記

FPGAというより、コンピュータアーキテクチャかもね! カテゴリ別記事インデックス https://sites.google.com/site/fpgadevelopindex/

RISC-V Linuxビルド用GCCの構築

f:id:msyksphinz:20170325154038p:plain

RISC-V用のLinuxは、以下のリポジトリで公開されている。

github.com

f:id:msyksphinz:20170325153123p:plain

Compile and install RISC-V cross-compiler · lowRISC

RISC-V用のLinuxには、riscv64-unknown-linux-gnu-gcc が必要だ。このビルドには、riscv-gnu-toolchainフォルダでのリビルドが必要になる。

# set up the RISCV environment variables
export RISCV=/home/msyksphinz/riscv

cd ~/work/riscv-tools/riscv-gnu-toolchain
# ignore if build already exist
mkdir build
cd build
../configure --prefix=$RISCV
make -j linux

一度buildディレクトリが生成され、通常用のriscv64-unknown-elf-gccが生成されている場合は一度ファイルをすべて削除しておくこと。

cd build
rm -rf *

これで、$RISCVディレクトリにriscv64-unknown-linux-gnu-gccが生成される。これでRISC-V Linuxの構築が行える。