読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPGA開発日記

FPGAというより、コンピュータアーキテクチャかもね! カテゴリ別記事インデックス https://sites.google.com/site/fpgadevelopindex/

Ubuntu on ZedBoardにTensorFlowインストールに挑戦(Nano版を使う)

前回の続きだが、今回はより小さなパッケージであるNanoを利用してコンパイルに挑戦した。

Linaro Releases

結果としては失敗だったのだが、一応記録として残しておこう。

msyksphinz.hatenablog.com

1. ネットワークの立ち上げ

下記のサイトに説明があるとおり、Linaroは、最初にネットワークの設定をしておかないとネットワークに接続できない。

qiita.com

という訳で、resolv.confとinterfacesを設定して、Nanoを起動して挑戦する。まずはとりあえず、ブートに成功した。

Nanoは本当に殆どパッケージが入っていない。必要なものを、適宜インストールしていく。これらは、ソフトウェアが無い、と怒られればインストールする。 その辺は重要ではないのであまりログは取っていない。

2. jdkをインストールする際に必要な手順

bazelのインストールにはjdk8が必要なのだが、add-apt-repositoryが無くてビビる。

良く見ると、ちゃんとそのための指示が書いてあった。かなり悩んでしまった。

sudo apt-get install software-properties-common

3. Bazelのコンパイル!が、失敗...

やはりだめだ。根本的に不可能なのかな?

./compile.sh
...
import sun.misc.Signal;
               ^
src/main/java/com/google/devtools/build/lib/server/signal/InterruptSignalHandler.java:20: warning: SignalHandler is internal proprietary API and may be removed in a future release
import sun.misc.SignalHandler;
...

The system is out of resources.
Consult the following stack trace for details.