FPGA開発日記

FPGAというより、コンピュータアーキテクチャかもね! カテゴリ別記事インデックス https://msyksphinz.github.io/github_pages

Wi-Fi モジュールの付いたRISC-Vボード HiFive1 Rev.Bが届いた

SiFive社が販売しているRISC-Vボードの第3弾、Wi-Fiモジュールの搭載されたRISC-VボードHiFive1 Rev.Bが自宅に到着した。

f:id:msyksphinz:20190507220931p:plain
HiFive1 Rev.Bパッケージ
f:id:msyksphinz:20190507221025p:plain
HiFive1 Rev.B内容物

HiFive1 Rev.Bの仕様は、SoCの部分はHiFive1と一緒だ。

  • 動作周波数320MHz
  • RISC-Vコア Freedom FE310搭載。FE310-G002。サポート仕様はRV32IMAC
    • 32-bit RISC-Vアーキテクチャ、ハードウェア乗除算命令搭載、アトミック命令搭載、Compressed命令搭載
    • 16kB L1命令キャッシュ
    • 16kB SRAMクラッチパッドメモリ
  • 外部割込みピン 19本
  • UART, PWM搭載
  • JTAGデバッグサポート
  • 128-bit SPIフラッシュメモリ搭載
  • WiFiモジュール
    • ESP32-SOLO-1

搭載されているWirelessモジュールはESP32-SOLO-1というものらしい。調べてみるとこれ自体は日本の技適は取れている?ということはこのモジュールは日本国内で使っても大丈夫なのかな?

f:id:msyksphinz:20190507222026p:plain

まあボードを買ってみたものの触る時間がほとんどないのが問題だ。。。試行できるのはいつの日か。。。