読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPGA開発日記

FPGAというより、コンピュータアーキテクチャかもね! カテゴリ別記事インデックス https://sites.google.com/site/fpgadevelopindex/

RISC-VがGCC7.1に取り込まれた(インストール試行)

f:id:msyksphinz:20170325154038p:plain

groups.google.com

以下からダウンロードすることが可能だ。 とりあえずダウンロードして、ビルドして様子を見てみることにする。

ftp://gcc.gnu.org/pub/gcc/snapshots/7.0.1-RC-20170425/gcc-7.0.1-RC-20170425.tar.gz

また、binutilsも2.28からRISC-Vをサポートした。

binutilsコンパイル

wget http://ftp.gnu.org/gnu/binutils/binutils-2.28.tar.gz
tar xfz binutils-2.28.tar.gz
cd binutils-2.28

32bit版

/home/msyksphinz/riscv32にインストールするものとする。

mkdir build32 && cd build32
../configure --prefix=/home/msyksphinz/riscv32-gcc --target=riscv32-unknown-elf --disable-multilib
make
make install

64bit版

/home/msyksphinz/riscv64にインストールするものとする。

mkdir build64 && cd build64
../configure --prefix=/home/msyksphinz/riscv64-gcc --target=riscv64-unknown-elf --disable-multilib
make
make install

最後に、PATHを通しておく。

export PATH=/home/msyksphinz/riscv32-gcc/bin:${PATH}
export PATH=/home/msyksphinz/riscv64-gcc/bin:${PATH}
wget ftp://gcc.gnu.org/pub/gcc/snapshots/7.0.1-RC-20170425/gcc-7.0.1-RC-20170425.tar.gz

32bit版

mkdir build32 && cd build32
../configure --prefix=/home/msyksphinz/riscv32-gcc --target=riscv32-unknown-elf --enable-lto --enable-languages=c --without-headers --with-newlib --enable-interwork  --enable-multilib --disable-shared --disable-thread --disable-libssp
make

64bit版

mkdir build64 && cd build64
../configure --prefix=/home/msyksphinz/riscv64-gcc --target=riscv64-unknown-elf --enable-lto --enable-languages=c --without-headers --with-newlib --enable-interwork  --enable-multilib --disable-shared --disable-thread --disable-libssp
make

追記。途中で--disable-libsspを追加した。どうやらlibsspは対応していないようだ。

これでとりあえず素のriscv32-unknown-elf-gccとriscv64-unknown-elf-gccはビルドできた。次にライブラリ等をビルドできるか試行する。