読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPGA開発日記

FPGAというより、コンピュータアーキテクチャかもね! カテゴリ別記事インデックス https://sites.google.com/site/fpgadevelopindex/

HiFive1でベンチマークプログラム測定(Coremarkを動作させる)

HiFive1でベンチマークプログラムや一般的なプログラムを動作させるのはそこまで難しい話ではなくて、SiFiveもプログラム開発用のツールセットを公開している。

freedom-e-sdkというリポジトリは、RISC-V向けプログラムのコンパイル環境を提供しており、Coremarkをコンパイルして動作させるまでのフローも公開してある。これをなぞってみよう。

github.com

Freedom-e-sdkを使ってCoremarkをコンパイルする

Coremarkのコンパイル方法は、githubリポジトリに書いてある通り、Coremark本体をダウンロードして当該ディレクトリに配置し、コンパイルするだけだ。

github.com

f:id:msyksphinz:20170322011916p:plain

この際、freedom-e-sdkに付属しているRISC-V向けGCCを再度コンパイルするのが面倒だったので、パスを差し替えて既存のGCCを指すように変更した。

diff --git a/bsp/env/common.mk b/bsp/env/common.mk
index 74f5582..ecb194d 100644
--- a/bsp/env/common.mk
+++ b/bsp/env/common.mk
@@ -23,7 +23,8 @@ INCLUDES += -I$(BSP_BASE)/drivers/
 INCLUDES += -I$(ENV_DIR)
 INCLUDES += -I$(PLATFORM_DIR)

-TOOL_DIR = $(BSP_BASE)/../toolchain/bin
+# TOOL_DIR = $(BSP_BASE)/../toolchain/bin
+TOOL_DIR = /home/msyksphinz/riscv32/bin

 CC := $(TOOL_DIR)/riscv32-unknown-elf-gcc
 AR := $(TOOL_DIR)/riscv32-unknown-elf-ar

あと、OpenOCDが当該パスに必要なので、それだけcloneしてビルドしておく。

git submodule init
git submodule update openocd --recursive
make openocd

あとは、指示通りにビルドしてプログラムを書き込むだけだ。UARTの速度は115200に設定しておく。

  • シリアル受信側
screen /dev/ttyUSB1 115200
  • ビルド&アップロード側

以下のコマンドを実行する。

make software PROGRAM=coremark
make upload PROGRAM=coremark

以下のような出力が得られた。

core freq at 274192793 Hz
2K performance run parameters for coremark.
CoreMark Size    : 666
Total ticks      : 798820
Total time (secs): 24.375000
Iterations/Sec   : 410.256410
Iterations       : 10000
Compiler version : GCC6.1.0
Compiler flags   : -O2 -fno-common -funroll-loops -finline-functions --param max-inline-insns-auto=20 -falign-functions=4 -falign-jumps=4 -falign-loops=4
Memory location  : STACK
seedcrc          : 0xe9f5
[0]crclist       : 0xe714
[0]crcmatrix     : 0x1fd7
[0]crcstate      : 0x8e3a
[0]crcfinal      : 0x988c
Correct operation validated. See readme.txt for run and reporting rules.
CoreMark 1.0 : 410.256410 / GCC6.1.0 -O2 -fno-common -funroll-loops -finline-functions --param max-inline-insns-auto=20 -falign-functions=4 -falign-jumps=4 -falign-loops=4 / STACK

Progam has exited with code:0x00000000

Coremark/MHzを測定すると、{ 410.256410 / 274.192793 = 1.496 } となる。

f:id:msyksphinz:20170322014023p:plain