読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPGA開発日記

FPGAというより、コンピュータアーキテクチャかもね! カテゴリ別記事インデックス https://sites.google.com/site/fpgadevelopindex/

VivadoをGUIを使用せずにインストールする方法調査

Vivado

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/ab/XilinxVivado_2014.jpg

Vagrant経由でLinuxにVivadoをインストールする場合は、どうしてもXが必要になるため一度X-Forwardingを実行するか、VirtualBoxGUIを立ち上げてインストールを実行している。 これは非常に面倒で、VivadoのインストールのためだけにGUIを立ち上げなければならないし、それに加えてマウスをクリックする作業が入るので自動化できない。 何とか自動化できないだろうか?

というのをいろいろ調査していたが、Vivadoにはbatchモードというものがあることが分かった。良く見てみるとインストールマニュアルに普通に書いてある。

http://www.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx2016_1/ug973-vivado-release-notes-install-license.pdf

batchモードには、configファイルを利用することができるらしく、一度これを用意しておけばGUI抜きでインストールを自動化できるらしい。

GUI無しでVivadoをインストールする方法

  1. まずはVivadoのフルサイズインストーラをダウンロードする。調査してみたがWeb経由でのインストーラでは不可能っぽい。フルサイズでは2016.2は11GBもあるのでかなりしんどい。しかもダウンロードって一度ログインしないといけないんだよね。ここはまだ自動化できない。

japan.xilinx.com

f:id:msyksphinz:20160905004648p:plain

  1. ダウンロードしたら、Vagrant上のLinuxファイルシステムに移動させる。ここでは、Ubuntu 14.04 LTSを利用した。

  2. tarを展開する。中にはxsetupバイナリが入っているので、これを利用してconfigファイルを作成する。./xsetup -b ConfigGenと叩けばConfigファイル生成モードに移行できる。

vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64 $ tar xfz Xilinx_Vivado_SDK_2016.2_0605_1.tar.gz
vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64 $ cd Xilinx_Vivado_SDK_2016.2_0605_1
vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64 $ ./xsetup -b ConfigGen
Running in batch mode...
Copyright (c) 1986-2016 Xilinx, Inc.  All rights reserved.
INFO : Log file location - /home/vagrant/.Xilinx/xinstall/xinstall_1473001773991.log
1. Vivado HL WebPACK
2. Vivado HL Design Edition
3. Vivado HL System Edition
4. Documentation Navigator (Standalone)

Please choose: 1

INFO : Config file available at /home/vagrant/.Xilinx/install_config.txt. Please use -c <filename> to point to this install configuration.

これで/home/vagrant/.Xilinx/install_config.txtにconfigファイルが作成できた。これを利用してインストールを実行するためには、以下のようにコマンドを入力する。

vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64 $ sudo ./xsetup --agree XilinxEULA,3rdPartyEULA,WebTalkTerms --batch Install --config /home/vagrant/.Xilinx/install_config.txt
Running in batch mode...
Copyright (c) 1986-2016 Xilinx, Inc.  All rights reserved.
INFO : Log file location - /root/.Xilinx/xinstall/xinstall_1473004654225.log
INFO : Edition Selected to be installed: Vivado HL WebPACK
WARN : The value specified in the configuration file for InstallOptions (Enable WebTalk for SDK to send usage statistics to Xilinx) is missing or invalid.
INFO : Installing Edition: Vivado HL WebPACK
INFO : Installation directory is /opt/Xilinx
.
INFO : Installing...........................................................................................    .........................
INFO : Running post-install tasks...............
INFO : Log file is copied to : /opt/Xilinx/.xinstall/Vivado_2016.2/xinstall.log
INFO : Installation completed successfully.

無事にインストールできた!インストールディレクトリを確認する。

vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64 $ source /opt/Xilinx/Vivado/2016.2/settings64.sh
vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64 $ which vivado
/opt/Xilinx/Vivado/2016.2/bin/vivado