読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPGA開発日記

FPGAというより、コンピュータアーキテクチャかもね! カテゴリ別記事インデックス https://sites.google.com/site/fpgadevelopindex/

xv6を移植するときに書き換えるルーチンについて調査(2)

xv6はx86用に実装されているのだが、それを他のアーキテクチャに移植する場合に、何が必要かについて調査している。 最近は仕事も忙しくて、まったく調査できていなかったのだが、少し時間ができたので、続きをやっていこう。

msyksphinz.hatenablog.com

cpuステータス変数について、コンパイル時にハマったこと

proc.hには、以下のように定義されている。これに気が付かずに、結構長い時間ハマってしまった。

  • proc.h
// Per-CPU state
struct cpu {
  uchar id;                    // Local APIC ID; index into cpus[] below
  struct context *scheduler;   // swtch() here to enter scheduler
  struct taskstate ts;         // Used by x86 to find stack for interrupt
  struct segdesc gdt[NSEGS];   // x86 global descriptor table
  volatile uint started;       // Has the CPU started?
  int ncli;                    // Depth of pushcli nesting.
  int intena;                  // Were interrupts enabled before pushcli?

  // Cpu-local storage variables; see below
  struct cpu *cpu;
  struct proc *proc;           // The currently-running process.
};

// Per-CPU variables, holding pointers to the
// current cpu and to the current process.
// The asm suffix tells gcc to use "%gs:0" to refer to cpu
// and "%gs:4" to refer to proc.  seginit sets up the
// %gs segment register so that %gs refers to the memory
// holding those two variables in the local cpu's struct cpu.
// This is similar to how thread-local variables are implemented
// in thread libraries such as Linux pthreads.
extern struct cpu *cpu asm("%gs:0");       // &cpus[cpunum()]
extern struct proc *proc asm("%gs:4");     // cpus[cpunum()].proc

GSというのは、Gセグメントの略称らしい。GはFの次、ということ?

X86アセンブラ/x86アーキテクチャ - Wikibooks

FSやGSはこの決まりの例外となっており、スレッド独自のデータを指し示すのに使われる。

このgsレジスタが各コア用のcpu変数を持っている。さらにオフセットを4つずらすことで、procを参照している?そんな馬鹿な。

Gnu Assembler

%gs:foo [gs]:[foo] セッションは"%gs"で示され、オフセットは変数"foo"の内容で示される。

とりあえず、移植するときはgsは省略するようにした。

extern struct cpu *cpu;       // &cpus[cpunum()]
extern struct proc *proc;     // cpus[cpunum()].proc

trapframeの移植について

trapframeはx86用に定義されている。これをRISC-V用に移植するとどうなるだろう。

//PAGEBREAK: 36
// Layout of the trap frame built on the stack by the
// hardware and by trapasm.S, and passed to trap().
struct trapframe {
  // registers as pushed by pusha
  uint edi;
  uint esi;
  uint ebp;
  uint oesp;      // useless & ignored
  uint ebx;
  uint edx;
  uint ecx;
  uint eax;

  // rest of trap frame
  ushort gs;
  ushort padding1;
  ushort fs;
  ushort padding2;
  ushort es;
  ushort padding3;
  ushort ds;
  ushort padding4;
  uint trapno;

  // below here defined by x86 hardware
  uint err;
  uint eip;
  ushort cs;
  ushort padding5;
  uint eflags;

  // below here only when crossing rings, such as from user to kernel
  uint esp;
  ushort ss;
  ushort padding6;
};

すべてのレジスタを定義して、プロセスが切り替わるときに退避するときに利用するとしたらこうなるだろうか。

//PAGEBREAK: 36
// Layout of the trap frame built on the stack by the
// hardware and by trapasm.S, and passed to trap().
struct trapframe {
  // registers as pushed by pusha
  uint ra;
  uint s0;
  uint s1;
  uint s2;
  uint s3;
  uint s4;
  uint s5;
  uint s6;
  uint s7;
  uint s8;
  uint s9;
  uint s10;
  uint s11;
  uint sp;
  uint tp;
  uint v0;
  uint v1;
  uint a0;
  uint a1;
  uint a2;
  uint a3;
  uint a4;
  uint a5;
  uint a6;
  uint a7;
  uint t0;
  uint t1;
  uint t2;
  uint t3;
  uint t4;
  uint gp;

  uint mepc;
  uint mcause;
  uint mstatus;
};

このときに、mepc, mcause, mstatusを対比しているが、ここは勉強不足で疑問が残る。mxxxレジスタはマシンモード時のステートを保存するためのシステムレジスタだが、実際にプロセスが実行されるのはユーザモードの時ではないのか?そうすると、ユーザモードの状態を保持しているシステムレジスタを保存するのが適切ではないだろうか。 あるいは、すべてのレジスタを保存しておくべきかなあ。

xchgの代替にはamoswapを使う?

xchgについても、まだ勉強不足で分かっていないのだが、同様の機能を持っているものとしたらRISC-Vだとamoswapが使えるかもしれない。

static inline uint
xchg(volatile uint *addr, uint newval)
{
  uint result;

  // The + in "+m" denotes a read-modify-write operand.
  asm volatile("lock; xchgl %0, %1" :
               "+m" (*addr), "=a" (result) :
               "1" (newval) :
               "cc");
  return result;
}
  • riscv.h
static inline uint
xchg(volatile uint *addr, uint newval)
{
  uint result;
  asm volatile ("amoswap.w %0, %0, (%1)":
                "=r" (result), "+r" (*addr) :
                "r" (newval));
  return result;
}