FPGA開発日記

FPGAというより、コンピュータアーキテクチャかもね! カテゴリ別記事インデックス https://msyksphinz.github.io/github_pages

ARM

Arm DesignStart Cortex-M3を試す(5. オリジナルプログラムをビルドしてシミュレーションする試行)

ARM

Arm DesignStart ProgramではCortex-M3も開放されており、こちらもRTLシミュレーション環境が用意されていた。 前回はDhrystoneやhelloを動かしてみたが、オリジナルプログラムをコンパイルして動作させることはできるだろうか。試行する。 例えばhelloのプ…

Arm DesignStart Cortex-M3を試す(5. オリジナルプログラムをビルドしてシミュレーションする試行)

ARM

Arm DesignStart ProgramではCortex-M3も開放されており、こちらもRTLシミュレーション環境が用意されていた。 前回はDhrystoneやhelloを動かしてみたが、オリジナルプログラムをコンパイルして動作させることはできるだろうか。試行する。 例えばhelloのプ…

Arm DesignStart Cortex-M3を試す(4. Modelsimを使ってCortex-M3の波形を観測する)

ARM

Arm DesignStart ProgramではCortex-M3も開放されており、こちらもRTLシミュレーション環境が用意されていた。 RTLシミュレーションができるようになったので、波形を観測してみよう。 ModelSimでGUIを立ち上げて、バスを観測する。 ModelSim IntelFPGA Star…

Arm DesignStart Cortex-M3を試す(3. Modelsimを使ってDhrystoneを流す)

ARM

Arm DesignStart ProgramではCortex-M3も開放されており、こちらもRTLシミュレーション環境が用意されていた。 図. https://community.arm.com/processors/designstart/b/blog/posts/new-online-training-course-designstart-m3-an-introduction-to-armv7-m …

Arm DesignStart Cortex-M1を試す(2. SoC環境のRTLシミュレーションを実行する)

ARM

Arm DesignStart Cortex-M1の環境にはRTLシミュレーション環境があるので、それを試してみる。 もちろん、Cortex-M1自体は暗号化されていて中身は見えないので、SoC環境を構築してRTLシミュレーションし、その波形を観測することになる。 QSPIメモリモデルの…

Arm DesignStart Cortex-M1を試す(1. リファレンスデザインを試す)

ARM

RISC-V対抗か何かわからないけれども、ArmがXilinxのFPGA向けにCortex-Mシリーズの一部を無償化した。 対象となっているのはXilinxのFPGAボードであるArty-A7かArty-S7のどちらか。A7を持っているのでダウンロードして試してみることにした。 内容を確認して…