FPGA開発日記

FPGAというより、コンピュータアーキテクチャかもね! カテゴリ別記事インデックス https://sites.google.com/site/fpgadevelopindex/

「GPUを支える技術」を読む(第3章)

Hisa Ando氏の著書「GPUを支える技術」を買っていたのだが、ずいぶんと積ん読にしているのだった。

なので、一応最後まで読んでいきたい。こういうのは、きちんと宣言しないと途中で辞めちゃうので宣言する。頑張って最後まで読んでいこう。

今回は第3章。

https://1hhtdq.bn1304.livefilestore.com/y4mni9uaWk0_UVJOhj0DUQ07fMylWrCIhCMWasnKyRWfDCPQgZp1Y2iLhqmEEbg5mH0IHHuJ5_fU7VyX8KF84vUmGJEraaswQGh_s8m1Whs_D44gj_SLPEzLkx0HWO8Zs1m97uiYY_5a649Zz9FqbzrjLzNdLUQCTdxPI6BoGFCTiTSlvPZOdwhp9bDbVqnWVTgoUcz1pS0pcvmfnXQtMoZrg?width=1440&height=5909&cropmode=none

f:id:msyksphinz:20171108005203p:plain

(https://wccftech.com/review/intel-core-i7-6700k-skylake-k-cpu-review-asus-z170-pro-gaming/3/ より)

プログラミング言語Rustに入門中 (goblinを使ってelfファイルを解析する3.)

f:id:msyksphinz:20171103203951p:plain

Rustのライブラリを使えばElfの解析だってできる。

バイナリファイルを読み込んで、HashMapにアドレスとデータの対を格納するプログラムを作成した。 各セクション毎にデータを読み込んで一つのHashMapにバイト単位でデータを書き込む。このモデルを作成すれば、Rustで簡単な命令セットシミュレータが作れるようになるはずだ。

  • training/program/rust/projects/sim_mem_elf/src/main.rs

github.com

fn memory_elf (elf_obj: goblin::elf::Elf,
               memory: &mut std::collections::HashMap<u64, u8>,
               buffer: &std::vec::Vec<u8>) -> error::Result<()>
{
    let shdr_strtab = &elf_obj.shdr_strtab;
    for section in &elf_obj.section_headers {
        println!("elf_obj.section_headers = {:#?}, file_offset = {:#x}, size = {:#x}",
                 &shdr_strtab[section.sh_name],
                 section.sh_offset,
                 section.sh_size
        );
        if section.sh_size != 0 {
            for idx in 0..(section.sh_size-1) {
                let mut offset = idx + section.sh_offset;
                memory.insert(section.sh_addr + idx, buffer[offset as usize]);
            }
        }
    }
    Ok(())
}
$ cargo run ~/work/rocket-chip-msyksphinz/riscv-tools/riscv-tests/benchmarks/qsort.riscv

f:id:msyksphinz:20171107012422p:plain

ただしまだRustとかScalaの初心者なので、MutableとかImmutableとか、まだ分かっていないことが多い。コンパイラの結果を見ながら進めている感じ。こんなので大丈夫かな?

「GPUを支える技術」読む (第2章)

Hisa Ando氏の著書「GPUを支える技術」を買っていたのだが、ずいぶんと積ん読にしているのだった。

なので、一応最後まで読んでいきたい。こういうのは、きちんと宣言しないと途中で辞めちゃうので宣言する。頑張って最後まで読んでいこう。

今回は第2章。

https://1rhvdq.bn1304.livefilestore.com/y4mGqo8qCKInmFDMPOIy79rwY84DPKN9fWDZ24jkXV0rjjHzvmRh7bHqW-BZR074BWQzpZe5JF-WpY9l5A2cuJOcZ3eB6DlxyD2ygfqQGH4mAH1ETBCrN4N6mCEIroTgzeUmz0vVtsLSQpHp8MPA3NFwiGEFXtTw-N7J7HkdLwLdews8NsnQ_QKCdfWGDHnFevcUJj8YrBFqeVheC2EkLgx5A?width=1920&height=5696&cropmode=none

GPUを支える技術 ――超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] (WEB+DB PRESS plus)

GPUを支える技術 ――超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] (WEB+DB PRESS plus)

f:id:msyksphinz:20171105231317p:plain

「GPUを支える技術」読む (第1章)

Hisa Ando氏の著書「GPUを支える技術」を買っていたのだが、ずいぶんと積ん読にしているのだった。

なので、一応最後まで読んでいきたい。こういうのは、きちんと宣言しないと途中で辞めちゃうので宣言する。頑張って最後まで読んでいこう。

一応、Jupyter Notebookでまとめを作っていく。画像などはコピーではなく、すべて自分で作成している。

これを最後までできるかな?頑張る。

https://zhhqrw.bn1304.livefilestore.com/y4m0LeEY6uHe38Rx39YNIrxDeH4IAFz_aGW0AMUAwiX8uRQl8G4RMEv3qh0Jhao6UFV7kjKU4vQvBgkIO68sjFp-W0b0FrFvIzbPgWFH--hCVgUAFzcUDUOPD5A_rJkndBrs4igCIqAwOw-O0wAM9x27zQ5oogLVaKILztmqMtGG_VRrFmq7u2ZS8AClFZJr-B0f6Blq2gLEr-q9rEt6gt0xQ?width=1423&height=2991&cropmode=none

GPUを支える技術 ――超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] (WEB+DB PRESS plus)

GPUを支える技術 ――超並列ハードウェアの快進撃[技術基礎] (WEB+DB PRESS plus)

f:id:msyksphinz:20171105011618p:plain

プログラミング言語Rustに入門中 (goblinを使ってelfファイルを解析する2.)

f:id:msyksphinz:20171103203951p:plain

RustのライブラリであるGoblinを使って、バイナリファイルを解析のプログラムを作成している。Rustの構造はなかなか慣れないので、進めるのが大変だ。

Goblinを使った場合、Sectionを一つずつ解析して、バイナリの入っている部分を取り出していく必要がある。

github.com

for section in &elf.section_headers {
    println!("elf.section_headers = {:#?}, file_offset = {:#x}, size = {:#x}",
             &shdr_strtab[section.sh_name],
             section.sh_offset,
             section.sh_size
    );
    for idx in 0..section.sh_size {
        let mut offset = idx+section.sh_offset;
        print!("{:02x}", buffer[offset as usize]);
        if idx % 4 == 3 {
            print!("\n");
        }
    }
}

上記のようにして、elfのバッファ(そのままelfファイルをバイナリとして配列で格納したもの)があるので、各セクションのヘッダ部分をオフセットで計算する。それがsection.sh_offsetだ。

このような実装で、とりあえず各セクションからバイナリの情報を引き出すプログラムを構築した。

cargo run ~/work/rocket-chip-msyksphinz/riscv-tools/riscv-tests/benchmarks/qsort.riscv

elf.section_headers = "", file_offset = 0x0, size = 0x0
elf.section_headers = ".text.init", file_offset = 0x1000, size = 0x1c5
81400141
81410142
81420143
81430144
81440145
81450146
...
4e7fee7f
51617300
20300000
00elf.section_headers = ".tohost", file_offset = 0x2000, size = 0x48
00000000
00000000
00000000
...
00000000
00000000
00000000
elf.section_headers = ".text", file_offset = 0x2048, size = 0x8c0
aa871737
00001307
e7ae0145
0c4303a8
...
elf.symbol = "" 0x80005b38
elf.symbol = "" 0x80005b80
elf.symbol = "" 0x0
elf.symbol = "/tmp/cc9WJ5Mg.o" 0x0
elf.symbol = "trap_entry" 0x80000120
elf.symbol = "qsort_main.c" 0x0
elf.symbol = "verify.constprop.1" 0x80001048
elf.symbol = "syscalls.c" 0x0
elf.symbol = "vprintfmt" 0x800011ba

プログラミング言語Rustに入門中 (goblinを使ってelfファイルを解析する)

f:id:msyksphinz:20171103203951p:plain

Rustを使うなら何を作ってみたいって、並列性をうまく利用してメニーコアのシミュレータとかを作るのが、CPUアーキテクチャの勉強にとっても、Rustの勉強にとっても良さそうだ。

でも、RustでElfファイルを扱う方法ってあるのか?いろいろと調べていると、ライブラリはあるらしい。 今回調査したのは goblin というライブラリで、 elfファイルをParseしてくれるらしい。

goblin 0.0.12 - Docs.rs

いくつかこれを使ったサンプルプログラムが存在しているが、RustはVerilogやChiselと同じく、ほとんど情報が無い。少し流行っているとはいえ、やはり情報収集は大変だなあ。。。

バイナリファイルを読み込んで、シンボル情報を読み込む

goblinというライブラリを使うと、バイナリファイルを解析することが出来る。試しにRustでプログラムを書いてみた。

github.com

            match Object::parse(&buffer)? {
                Object::Elf(elf) => {
                    // println!("elf: {:#?}", &elf);
                    for header in &elf.program_headers {
                        println!("elf.program_headers = {:#?}", header);
                    }
                    let shdr_strtab = &elf.shdr_strtab;
                    for section in &elf.section_headers {
                        println!("elf.section_headers = {:#?}", &shdr_strtab[section.sh_name]);
                    }
                    let sym_strtab = &elf.strtab;
                    for symbol in &elf.syms {
                        println!("elf.symbol = {:#?} {:#x}", &sym_strtab[symbol.st_name], symbol.st_value);
                    }
                }

情報が無さ過ぎて大変なので、githubでいくつか探すと、以下のサンプルプログラムが出てきた。

github.com

elfの情報からセクションヘッダとシンボルテーブルを読み込んでprintln()で出力している。 symbol.st_namesection.sh_nameはシンボルテーブルに対するインデックスに過ぎないので、配列を参照してシンボル情報を出力する。

$ cargo run ~/work/rocket-chip-msyksphinz/riscv-tools/riscv-tests/benchmarks/qsort.riscv
...
elf.symbol = "_tls_data" 0x80005b80
elf.symbol = "abort" 0x800015c6
elf.symbol = "_init" 0x80001774
elf.symbol = "setStats" 0x8000154e
elf.symbol = "strnlen" 0x80001850
elf.symbol = "sort" 0x80001086
elf.symbol = "_start" 0x80000000
elf.symbol = "memset" 0x8000172e
elf.symbol = "main" 0x80001908
elf.symbol = "strcmp" 0x80001872
elf.symbol = "sprintf" 0x800016ac
elf.symbol = "printhex" 0x80001634
elf.symbol = "_tdata_end" 0x0
elf.symbol = "_end" 0x80005b80
elf.symbol = "fromhost" 0x80001040
elf.symbol = "_tdata_begin" 0x0
elf.symbol = "tohost" 0x80001000
elf.symbol = "exit" 0x800015be
elf.symbol = "tohost_exit" 0x8000159c
elf.symbol = "verify_data" 0x80001b38
elf.symbol = "_tbss_end" 0x44
elf.symbol = "strlen" 0x80001838
elf.symbol = "thread_entry" 0x8000162e

MicroPython試行(3. RISC-V移植環境の調査 → Spikeでの動作)

MicroPythonをRISC-Vのプラットフォームで動作させたくて、調査している。

MicroPythonはQEMUの環境も用意されていて、ARMやXtensaなどの環境も用意されている。これらを参考にしながら、実装を進めていこう。

RISC-V用に用意しなければならないのは、

  • nlr_push()
  • nlr_jump()

の関数だ。これらについて日本語の資料を探したのだが見つからないので、とりあえずARM版、Xtensa版を見ながら見様見真似で進めている。

どうやら、Calling Conventionに基づいてレジスタの情報をバッファに突っ込むような作業が必要になる。

などを保管しておく必要があるが、基本的にCalling ConventionにおけるCallee側を保存して置けばよいという理解だ。

// We only need the functions here if we are on arm/thumb, and we are not
// using setjmp/longjmp.
//
// For reference, arm/thumb callee save regs are:
//      r4-r11, r13=sp

なるほど、つまりRISC-Vであれば、Callee Save側のレジスタを保存すればよいのかしら。ここらへん実際にアプリがどのように動くのか、さっぱりわからん。

f:id:msyksphinz:20171102014057p:plain

というわけで一生懸命アセンブリを書いた。しかも、あとでよく見てみるとCaller Save側のReturn Addressも保存しなければならないのか。

unsigned int nlr_push(nlr_buf_t *nlr) {

    __asm volatile (
    "sw  x2,  8 (x10) \n" // save regs...
    "sw  x8,  12(x10) \n"
    "sw  x9,  16(x10) \n"
    "sw  x18, 20(x10) \n"
    "sw  x19, 24(x10) \n"
    "sw  x20, 28(x10) \n"
    "sw  x21, 32(x10) \n"
    "sw  x22, 36(x10) \n"
    "sw  x23, 40(x10) \n"
    "sw  x24, 44(x10) \n"
    "sw  x25, 48(x10) \n"
    "sw  x26, 52(x10) \n"
    "sw  x27, 56(x10) \n"
    "sw  ra,  60(x10) \n"
    "j   nlr_push_tail \n" // do the rest in C
    );

    return 0; // needed to silence compiler warning
}

...

NORETURN void nlr_jump(void *val) {
    nlr_buf_t **top_ptr = &MP_STATE_THREAD(nlr_top);
    nlr_buf_t *top = *top_ptr;
    if (top == NULL) {
        nlr_jump_fail(val);
    }

    top->ret_val = val;
    *top_ptr = top->prev;

    __asm volatile (
    "lw  sp,  8 (%0) \n" // restore regs...
    "lw  s0,  12(%0) \n"
    "lw  s1,  16(%0) \n"
    "lw  s2,  20(%0) \n"
    "lw  s3,  24(%0) \n"
    "lw  s4,  28(%0) \n"
    "lw  s5,  32(%0) \n"
    "lw  s6,  36(%0) \n"
    "lw  s7,  40(%0) \n"
    "lw  s8,  44(%0) \n"
    "lw  s9,  48(%0) \n"
    "lw  s10, 52(%0) \n"
    "lw  s11, 56(%0) \n"
    "lw  ra,  60(%0) \n"
    "li  a0, 1       \n" // return 1, non-local return
    "ret             \n" // return
    :                               // output operands
    : "r"(top)                      // input operands
    :                               // clobbered registers
    );

    for (;;); // needed to silence compiler warning
}

これで動かしてみる。やってみるのはSpikeシミュレータでの動作だ。とりあえずこれで動作を確認したい。

f:id:msyksphinz:20171102013920p:plain

やった!動作した。とりあえず方針としては合っているようだ。 次は、これをRocket Chipとか、HiFive1で動かしてみたいな。

msyksphinz.hatenablog.com

msyksphinz.hatenablog.com